無人庵 山椒録



祖母岳父 2011年06月03日(金)

  「歌舞伎役者と主治医」

先日来、わが美術所”無庵”での追善記念俳句・書道展が地元「三河新報」に掲載され、記事の中で取上げられた「祖母市川牡丹”女団十郎”」と岳父黒部正之医博について多くの方から質問があった。ここのその総括として回答を記す。
祖母市川牡丹(牧原ゑつ)は、市川団十郎直系の一時代を風靡した歌舞伎俳優で、一座を率いて、日本のみならず中国・満州全土を巡演して、大変人気ある歌舞伎俳優とのことである。私が3歳の時に亡くなったので、もう少し祖母が永らえていれば、私が、一座を継いで、今ごろ歌舞伎俳優としてその座長を務めてのではないかと思う。
実は、その祖母市川牡丹の主治医が、今は亡き家内の父(岳父・黒部正之医博)で、当時三河地方には、慶応大医学部を卒業した医者いなく、岳父は吉良家代々の医者の家系
で、当時既に高名な病院長とのことであった。
更に、奇妙な縁で、牡丹の孫(私・信行)の嫁(家内)が、主治医(岳父)の娘(家内)で、ひ孫(息子・出)の出生のときの主治医(岳父)であるとの不思議な関係である。
なお、四月から吉良町もわが西尾市と合併され、生前吉良町議会の議長を三期に亘って務めた議会も解散されて、歴代議長の写真が返却されて、たまたま展覧会場に展示してあり、来場者の皆さんから、その関係を質問された。
 

座禅喫茶 2011年04月21日(木)

  「坐禅・写経と喫茶」

「一心寺」無庵坐禅・写経・喫茶の案内

 4月の第五回坐禅「無心會」・第四回写経「一心会」と喫茶坊「喫茶去」のを案内する。

第五回坐禅「無心會」
日時:4月24日(日)7時〜8時30分
場所:「一心寺」”無庵”愛知県西尾市大給町32(大給町公民館、大給神社前)
内容:坐禅;7時〜8時、提唱・茶礼;8時30分
開催:原則毎月第4日曜日、次回6月26日(日)
   
第四回写経「一心会」
日時:4月23日(土) 26日(日)10時〜16時
場所:「一心寺」”無庵”
内容:薬師寺専用写経並びに個人専用写経開催:原則坐禅「無心會」前日(土)と当日(日)
写経用具(墨、硯・筆・用紙他)は全て完備

喫茶坊「喫茶去」は、茶飲み友達大歓迎である。期間内誰も、いつでも、気楽に訪問されたい!!

なお、5月は薬師寺山田法胤管主との先約があり、休会する。次回は、6月25日〜26日の予定である。
 

慰問・寄付 2011年04月12日(火)

  1)心の慰問の旅
仙台行き高速バスは、4月3日(日)の早朝新宿を定刻に出発した。仙台まで5時間の高速バスは、デラックスバスでゆったり行けた。途中郡山近くから、高速道路は、アスファルトの補修箇所が多くあり、震災の爪痕が見られたが、日曜日にも関わらず空いていて、定刻13時前に仙台東口に着いた。孫(3歳10ヶ月)の出迎えを受け、息子夫婦のマンションに行った。専門家として推奨した免振構造の20階建最新マンションのため、8階の部屋も何一つ棚から物が落ちず、その威力に専門家として家族から喜ばれた。
孫との約束通り、絵本とバターロール・イチゴを渡したところ、大喜びだった。夜寝るまで、遊びの相手に、こちらが疲れ果てたが、彼女の心は、癒されたようで会った。
23時にマンションを後にして、夜行バスで翌朝、6時半に新宿着で戻った。

2)義捐金寄付
愛知県西尾市の牧原書芸美術所”無庵”を昨年7月創設した時、来場者に感謝して一人当たり100円を積立、生まれ育った西尾市に寄贈する計画を立てた。先月第三回目の展覧会までに来場者総数が200人を超え、その積立金を今回は、地元でなく、仙台へ大震災の義捐金として寄付することとしました。来場者総数分の積立金に上乗せして、僅かであるが義捐金として孫(史佳)が通う東北大学付属保育園へ父兄会会長の息子(東北大学大学院教授)から理事長(東北大学教授)へ渡すよう託した。保育園の予算が少ないから、喜ばれると感謝された。
初期の目的の心の慰安と寄付の旅を済ませ、少しでも役に立てかと、今は安堵している。
今は、亡くなられた人々の冥福と被災された方々の一日も早い復興を願うばかりである。
 

2書道展 2011年03月18日(金)

  奈良大本山薬師寺書法展と牧原書芸美術所追善記念俳句・書道展

下記に最終開催ご案内する。

1)奈良大本山薬師寺書法展

会場;奈良市西ノ京町457 薬師寺玄奘三蔵院 電話(0742)33−6001
会期;3月19日(土)〜3月27日(日)
時間;10時〜16時
待機;19日11時〜21日15時会場にて待機!
   ただし行事中は中座
    (案内葉書きを持参されたい。入場券併用)

2)牧原書芸美術所追善記念俳句・書道展

会場;愛知県西尾市大給町32 大給公民館・大給神   社前
期間;3月24日(木)^3月28日(月)
時間;10時〜16時
待機;全期間待機。ただし、家内は24日〜26日
    
皆さんお誘い合わせの上、気楽にお出掛け下さい。
 

坐禅写経 2011年01月16日(日)

   今月の第二回坐禅「無心會」と新年から始める写経「一心会」の案内を下記のように通知する。

第二回目坐禅「無心會」
日時:1月23日(日)7時〜8時30分
場所:「一心寺」”無庵”(愛知県西尾市大給       32・大給町公民館、大給神社前)
 内容:坐禅;7時〜8時、提唱・茶礼;8時〜8時    30分
 開催:原則毎月第4日曜日、次回2月27日(日)

第一回目写経「一心会」
 日時:1月22日(土)9時〜16時、23日     (日)9時〜12時
 場所:「一心寺」”無庵”
 内容:薬師寺専用写経並びに個人専用写経
 開催:原則坐禅「無心會」前日(土)と当日(日)
    写経用具(墨、硯・筆・用紙他)は全て完備

坐禅も写経も気楽に自由に、参加されたい。
 

生死一如 2011年01月01日(土)

  今年は、古希を迎え、”死への覚悟”を極めて行きたいと考える。
ハマーショルド元国連総長は、「死は人生最後の最高のご褒美」と述べる。道元禅師は、「ひたすら座禅をしなさい」と法然上人は、「一向に念仏を唱えなさい」と言う。
共にその心は、”無”であり”空”の極致か?
「自己を見つめ」心を磨き、「朝に坐禅、夕べに念仏」その境地は、”生死一如”か?
ただ、ひたすら、精進して生き抜く、日々を送りたいと思う。
今年も、皆さん共々、平穏な年になりますよう祈念する。
 

落慶終了 2010年12月15日(水)

  「一心寺」”無庵”落慶・本尊開眼法要・記念書道、シルクロード写真俳句展ならびに坐禅会「無心會」等の行事を無事終了して、昨夜帰京した。
落慶・本尊「釈迦如来」開眼供養の法要は、菩提寺住職により厳かに執り行った。
記念展示会も多くの来場者を迎え盛況のうちに終えた。特に今回は、前回同様地元新聞「愛三時報」が写真入りで大々的に取り上げ、その読者の著名人・市の長老・歴史小説家等々の来場者並び東京からは、篠笛の師匠が公演の途上に寄り、県外からも来場者も多く、多彩な顔ぶれとなり、お蔭で大変活況を呈した展示会となった。
特にマリナースのイチロウ・西武の工藤・楽天の山崎他多くのプロ野球選手を育てた”中村豪”前愛電工高監督も来場し、色々と野球のみならず写経等の話をして、書道他の作品も鑑賞し、満足して、小生とも意気投合した。
坐禅会「無心會」も上々のうちに終った。
前回より地元のご縁がご縁を生み、望外の喜びを実感して、感謝感謝の展示会であった。

次回、第三回目の牧原書芸美術書”無庵”の展示会は、来春3月末地元人々主体の母の一周忌追善祈念俳句・書芸展を企画計画して、出品の依頼を終えている。
 

落慶準備 2010年12月01日(水)

  ー「一心寺」無庵落慶」記念書道・シルクロード写真俳句展の準備完了ー

11月末で、3日3晩を掛けて、「一心寺」無庵落慶記念書道・シルクロード写真俳句展の準備は、完了した。
書道展の出陳作品10作品余り、すべて揃い、開催2日前には、現地に到着予定である。
シルクロード写真俳句展は、今回中国編として、5年がかりの玄奘三蔵法師の足跡を訪ねるシルクロードでの写真俳句13作品を展示する。展示用パネル作りは、一心寺寺庭の家内の技に頼って完成した。
本日12月1日より、「一心寺」無庵の玄関先に、「落慶記念書道・俳句展」の大看板が、業者によって玄関前に掲載され、落慶準備完了となりる。

なお、地元新聞の取材の予定もあり、準備万端整った。

ぜひ、展覧会(12月9日〜13日)と坐禅会「無心會」(12月12日7時より)にお出かけ頂け下さい。
 

寺院建立 2010年11月24日(水)

  "一心寺」”無庵”建立完成

 三木童心仏師に以来した本尊”釈迦如来立像”が掘り上がり、15日に受領した。宅急便の運搬は、危険とのことで、自ら携えて帰省した。
 仏額2作品と扁額1作品は、薬師寺別院での書法展終了と共に、現地に送付され、取り付けしました。須弥壇・仏具は、既に組み立て、設置済みであった。
最後に本尊”釈迦如来立像”を安置して、建立完成した。本尊のお顔が、なぜかえもいわれぬ心の安らぎを感じさせられ、早速坐禅をして、心を清めました。

 現在は、12月9日(木)の落慶・開眼法要を待つばかりである。
 併せて”一心寺落慶記念書道・写真俳句展”を13日(月)までと坐禅会”無心會”を12日(日)に開催する。
 なお、坐禅会“無心會”の命名は、後藤榮山三島龍澤寺住職・東京大学三昧堂十三日会師家である。その上「無心會」の命名書を半切余りに揮毫された。それは、軸装して坐禅会の開催日に掲げて、修行の糧とする。心ある人達の参禅を待つ。
 

書法会展 2010年10月15日(金)

  -第五回一光書法会展-

一か月後から開催される。薬師寺東京別院での書道展の案内をする。
今回は、佛額(畳半畳ほど)2作品と寺の扁額(半紙大)の3作品を出陳する。既に3か月余りかけて、総数5百枚程書き挙げ、先週、師匠の裁定を受け、提出した。現在は、額装中である。
更に、完成した寺の扁額の書を木製扁額にするための彫刻に掛っている。これらの4作品は、牧原書芸美術所”無庵”に建立中で12月12日落慶予定の「一心寺」の寺物として使用する。以下に書道展の案内を記す。

        「第5回一光書法会展」

会場;薬師寺東京別院(東京都品川区東五反田5−15−17)電話、03−3443−1620(JR五反田駅徒歩8分)
会期;11月12日(金)〜14日(日)
   午前9時半〜午後4時半(14日は午後3時まで)
主催;一光書法会

12日は、午後より薬師縁日のため山田法胤管主の法要・法話会が開催される。

会期中午後1時以降待機しているので、気軽にお出掛け下さい。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -