無人庵 山椒録



無庵開設 2010年07月29日(木)

  -開設記念書道展-

牧原書芸美術所”無庵”開設記念書道展は、7月7日(水)七夕〜7月11日(日)の5日間、予定通り開催した。
 7月4日に帰省して、書道展開催の展示準備を進め、5日の15時より地元紙「愛三時報」の取材を受けた。6日には、「愛三時報」7日付けの2面に、牧原書芸美術所”無庵”開設記念書道展が大々的に取り上げられた。内容も当方の意図に従った的確な記事であった。
 開催前には、山田法胤薬師寺管主・小林逸光先生・出からの生花が届き、玄関前には書道展の看板が設置され、玄関床には赤の絨毯が敷かれ、華々しい開幕となった。
 書道展の出品10作品も、山田管主始め、著名な人々の作品の展示となって、来場者の目を引いた。初日には、30人を超える来場者が、訪れ予期せぬ盛大な出だしとなった。
お陰で、開催5日間に100人を超える人々の来場で盛況のうちに終了した。遠くは茨城・東京他からの県外の来場者も10名を超え、ただただ感謝・感謝の思いで、感激している。その上、地元紙も大々的に写真入りで取り上げたため、地元の反響も大変なものであった。

次回は、来春母の一周忌記念俳句展を企画している。地元句会の皆さんを中心に母の句、小生の坂東三十三観音の三十三ヶ寺の写真俳句を発表する予定である。
 

無庵工事 2010年06月18日(金)

  「工事報告」

 牧原書芸美術所”無庵”改装工事も耐震補強工事は、終了して、現在内装工事中と今月末の完成に向け順調に進んでいる。来週には、中間検査のため帰省する。
 開設記念書道展の段取りも、着々と進行している。出品協賛者の作品は、総て完成して、全出品10作品も、既に7作品は、手元に届き、3作品も順次送られてくる手筈となっている。(展示会場は、全25作品展示可能な容量がある。)
「牧原書芸美術所・一心寺”無庵”」の直筆の「特注表札」(縦20センチ×横40センチ)も既に完成して手元に届いている。
 来週帰省して、既に家内の実家の病院敷地から、岳父黒部正之医博の直筆句碑を移設した庭の改修と剪定に立ち合いう。
 来月7月7日(七夕)から7月11日(日)までの開設記念書道展(会場:愛知県西尾市大給町32番地)へ皆さんお誘い合わせの上、ご来場されんことを期す。
 

無庵設立 2010年05月18日(火)

  牧原書芸美術所“無庵”設立最終構想
(一心寺“無庵”兼用)
2010,5,15
牧原 信行

1)無庵構想
展示会は、通常展示会と年2回の特別展示会を考えている。展示会の種類は、書道展・仏像展・俳句展・写真俳句展・所蔵美術展他と志願者依頼の展示会等々である。通常展示会は、原則として予約制、特別展示会は、期間限定制とする。
 展示会以外に、句会・各種会合等に無料で会場を事前予約制で提供する。これは、多少なりとも、近隣・街のための貢献が出来ればとの考えである。
 しかし、個人小美術舘の牧原書芸美術所”無庵”であるため、好き勝手に楽しみながらの道楽である。いずれにしろ、気ままに庵主の役を果たせればと願っている。

2)公開記念展示会出品後援者
@山田法胤奈良大本山薬師寺管主
A小林逸光薬師寺東京別院書法会師匠・日展会友・読売新聞道展審査員
B後藤榮山三島龍澤寺住職・東京大学陵禅会三昧堂師家
C細川景一世田谷龍雲寺住職・前京都妙心寺宗務総長
D岡澤禎華写経美術館館長・写経書道家
E荒川博三重要文化財荒川邸当主・NHK「美の壺」前主役―谷 啓の実在モデル(薬師寺展庵主作品購入希望者)
F高田勲元逗子開成高校校長・書家
G米岡志朗書道大学教授・書家
H黒部正之岳父・医学博士・俳人・書家

3)牧原書芸美術所”無庵”と一心寺“無庵”開設
”無庵”は、愛知県西尾市の別邸の一階を大幅に改造して、5月中旬に耐震工事、改修工事に着工し、6月末竣工する予定である。順調に進めば、公開は、7月7日(七夕)を予定している。なお、平常は、一心寺“無庵”として自作の仏像を本尊とする寺院兼禅道場としての今後活用を図る。
 

無庵開設 2010年05月04日(火)

  無庵開設―牧原書芸美術所

1)無庵構想

 展示会は、通常展示会と年2回の特別展を考えている。展示会の種類は、書道展・仏像展・俳句展・写真俳句展・所蔵美術展他と会場志願者依頼の展示会等々である。通常
展示会は、原則として予約制、特別展は、期間限定制とする。
 展示会以外に、句会・各種会合等に無料で会場を事前予約制で提供する。これは、多少なりとも、近隣・街のための貢献が出来ればとの考えである。
 しかし、素人小規模美術所”無庵”であるため、気ままに楽しみながらの道楽である。
いずれにしろ、気ままに庵主の役を果たせればと願っている。

2)出品後援者

@山田法胤奈良大本山薬師寺管主
A小林逸光薬師寺東京別院書法会師匠・日展会友・読     売書道展審査員
B岡澤禎華写経美術館館長・写経書道家
C荒川博三重要文化財荒川邸当主・NHK「美の壺」前主     役谷啓の実在モデル
D高田 勲前逗子高校校長・書家
その他書友の方々

3)牧原書芸美術所”無庵”開設

”無庵”は、愛知県西尾市の別邸の一階を大幅に改造して、5月中旬に耐震工事、改修工事に着工し、6月末竣工する予定である。順調に進めば、公開は、7月7日(七夕)を予定している。
 

無庵構想 2010年04月20日(火)

  牧原書芸美術所”無庵”構想草案
2010,3、26
 牧原書芸美術所”無庵”の構想は、現在最終の纏めをしている。運営は、原則予約制として、年2回特別展を考えている。書道展・仏像展・俳句展・所蔵美術展ほか、会場を無料賃貸して、句会、志願者展示会等々近隣・街のための貢献が出来ればとの考えである。いずれにしろ素人小規模美術会場であるため、気ままに楽しみながらの道楽である。
 しかし、好き勝手に庵主の役を果たせればと願っている。
 なお、”無庵”は、別邸の一階を大幅に改造して、4月中旬に耐震工事、改造工事に着工して、6月末竣工して、公開は、7月7日(七夕)の予定である。
 

同行二人 2010年03月09日(火)

  ―母と救世観音ー

2月23日早朝母は、実家で一人静かに逝った。享年93歳だった。第一発見者の妹からの涙ながらの電話を受け、生前母との約束通り、去年彫り上げた救世観音を携えて、直ちに帰郷した。その約束とは、一人息子の彫った救世観音と同行二人で浄土に旅立つように、その救世観音をお棺の中に納めてあげることである。
通夜が翌日となり、通夜の日の早朝3時過ぎから3時間ほど掛けて、最終の化粧彫りをした。特に観音さんの顔は、入念に仕上げ彫りを施した。高さ30センチほどの救世観音も我ながら立派に仕上がり、通夜の時も葬儀の時も母の傍らで見守って呉れた。最後に納棺して、火葬に付され、母は救世観音と同行二人でお浄土へ旅立った。

梅が香に
        観音さんと
               お浄土へ
                     (無庵)
 

薬師寺展 2010年02月11日(木)

  平城京遷都1300年記念大本山薬師寺書法展の出陳作品は、取材・構想1年、習作・作成1年の2年間掛かりで、当初目標の150枚はトルコ旅行前に書き終えた。
帰国後再度挑戦して昨日までに全紙(畳2枚相当)の和紙総数180枚(畳360枚相当)を完了した。2月10日、前回書法会にて140枚終了時点で取り上げて貰った作品2枚と今回書き増した30枚のうち良好と思われる13枚合計15枚を師匠に評価して、最終的に出陳作品として177枚目が取り上げられた。次点は最後の180枚目であった。再挑戦して書いた30枚が納得の行く評価をされ、再挑戦した甲斐があった。177枚目に姓名印と雅号印を捺印して提出した。                       現在は、2年間の悪戦苦闘の日々を振り返り、3月20日より28日までの大本山薬師寺書法展での出陳作品が、参観者の鑑賞に耐え得ることかと不安と緊張の中で、取り敢えず完成出来て安堵している。
 

悠々三昧 2009年12月30日(水)

   群れを離れ自立しての悠々三昧に入った。世に言う第二の人生でも余生でもない。人生の総仕上げの最重要な時期である。先ずは、3年後の修練期、5年後の鍛練期、7年後の円熟期の三段階に分けた。能に言う「修」「破」「離」の意である。「修」は、今までの人生の総括と悠々三昧の修練である。「破」は、悠々三昧の激しい鍛練である。「離」は、三昧の独自な境地の円熟である。2010年からは、最終段階となる「離」の境地に入る。
 悠々三昧は、坐禅三昧、書道三昧、仏像三昧、読書三昧等を通じ、ひたすら自己究明を極める。そして、超悟三昧に達し、終の棲家である「自然」に還る。

離てば満ちる
                 (道元禅師)
 

1萬回目 2009年12月01日(火)

  「」
 先月28日で、牧原経営研究所「無人庵」のホームページのアクセス数が、1萬回目を突破した。2004年6月に開設して五年余りで、1萬回のアクセスを得たことになる。1年間で2000回弱、1日当たり5回余りのアクセス数は、健闘しているアクセス数ではないだろうか。
 今後、更に研究活動を多彩に進め、“山椒録−蛙”も充実して行きたいと考えている。
次回10年目に向け、ホームページの活性化も図り、多くの支援を得て、アクセス数の増加の期待に応えたい。



人生の醍醐味、真髄を味わいたい方へ
 

書道三昧 2009年10月25日(日)

   今年1月から書道会で、半切(畳半畳程度の大きさ)の和紙に“蘭亭序(324文字)”の臨書を始めた。縦2行に右9文字、左7文字合計16文字の漢字草書である。半切1枚を臨書するのに30分ほど掛かる。1回分半切10枚を3時間余りで仕上げる。それを、書道会で師匠に見せて、指導を受ける。3回ほどで、師匠の及第の指導を経て、次に進む。    半切の臨書の前には、1年ほど、半紙で1枚9文字で臨書を終えて後から、半切の臨書に入るが、半切での臨書は、半紙のそれとは比較にならない技が、求められる。字体も半紙より大きくなり、正確さが要る。更に難解なことには、字体そのものだけでなく、全体の均衡の美しさが不可欠である。
“蘭亭序(324文字)”の半切での臨書と併せて“集字聖教序”の半紙の臨書を始めた。“蘭亭序(324文字)”の臨書を半年6月末で終え、7月から“集字聖教序”の半切の臨書に進む。8月からは、3ヶ月程掛けて、11月中旬の書道展出品作の作成に入った。
“集字聖教序”の半切の臨書と半切の1/3の散華型の2作品をひたすら臨書して、各150枚書き上げ、師匠の合格の評定を受け、10月に提出した。正に書道三昧の日々であった。
現在は、作品の表装の完成を待ち、11月12日〜14日の期間、薬師寺東京別院で開催される第4回一光書法会展に臨むところである。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -