無人庵 山椒録



慰霊報告 2011年12月16日(金)

  9月28日、薬師寺僧侶の初のお務めとして、一人での東北3県慰霊と慰問の旅から戻った。岩手県は宮古市・宮城県は石巻・福島県は相馬市を訪れ、慰霊法要をして来た
。本日は、先ず一報として総論を記す。詳細は、随時報告致する。
各地共、想像を絶する津波被害を目にして、ただただ茫然自失するばかりでした。一つの町総べてが大津波によって流され、無人と化しているところも多く在った。
また、港では打ち上げられた船が無残な姿をいまだに晒してもいました。残された建物も鉄骨のみが裸のままの状態で、木造の家の基礎のみが残された町は、人の気配もなく、無残で哀れさを誘っていた。
これらの復興は、強力な政治力が不可欠であり、国民すべての支援が、必要ではないかと実感した。
各地で慰霊法要をして来ましたが、一介の僧侶の供養が届けばとの思いを込めて、ひたすら祈り続けた。
 

晋山報告 2011年12月01日(木)

  本日は、9月8日の奈良大本山薬師寺での受戒式の報告に続き、自坊「大給山一心寺」住職就任の晋山式の報告する。
受戒式を終え、3日後の11日(日)13時30分に、県外からの参加者を含めて多くの参列者を迎え、自坊「大給山一心寺」での晋山式を挙げた。
更に、山田薬師寺管主をはじめ、東京での坐禅会・書道会並びに仏像彫刻会や地元の多くの方からの生花・祝電を頂き盛況のうちに、晋山式を執り行った。挨拶・法要・法話の後、茶話会を行い、無事終了した。これで、正式に住職に就任した。
引き続き12日(月)には晋山式記念坐禅会と写経会も盛会のうちに終った。
その上、地元新聞社「三河新報」の取材を受け、僧侶姿の拙僧の大きな写真入りの記事が翌日発刊され、地元では、読者からの大変な反響があり、驚いている。
受戒式と晋山式を終えて、今はその使命に、心引き締まる思いで、更なる修行を続ける覚悟を新たにしている。
 

受戒報告 2011年11月03日(木)

  奈良大本山薬師寺での受戒式は、山田法胤管主の先導で、先々代・先代の管主をはじめ、ほぼ全員の僧侶の方々出席のもと、荘厳且つ格調高く執り行われた。
剃髪の儀式、親・兄弟・妻との縁を切る焼香による出家の儀式、僧侶の誓いの儀式、袈裟・数珠の三度礼拝拝受、法名・受戒修了証・僧籍編入許可証の授与等々の儀式が、一
時余り続きました。受戒後全員で記念撮影をして終了した。式の間は、白衣(びゃくい)、終了後初めて袴、間衣(まごろも)、袈裟、白足袋の正装が許され、その後法要に臨んだ。
法名は、山田管主の最高の配慮で、法相宗の始祖”玄奘三蔵法師”の「玄」を頂いて、”玄行(げんぎょう)”と名命され、大変名誉な名前に荷の重い心地である。しかし、名前に恥じず、ひたすら修行しようと覚悟している。
 

受戒晋山 2011年10月18日(火)

  「薬師寺僧侶。一心寺住職」
9月、四国八十八ヶ所土佐一国参りの巡拝遍路を終えた。期間中、台風十二号の直撃を受け、足摺岬では暴風雨の直撃を受けて、吹き飛ばされようになった。そんな状況の中、巡拝は貫徹した。今後は、讃岐一国参りと高野山御礼参りを10月に行い、結願の予定である。

本日は、薬師寺受戒式と一心寺住職就任の晋山式を下記にお知らせる。

「大本山薬師寺」受戒式と「大給山一心寺」晋山式御案内

9月8日奈良大本山薬師寺にて受戒式を受け、僧侶に就任致した。その後、9月11日自坊「大給山一心寺」の住職となる晋山式、及び住職就任記念坐禅会・写経会を実施致した。

晋山式
日時:平成23年9月11日(日)13時30分〜14時30分
晋山式記念坐禅会・写経会
日時:平成23年9月12日(月)10時〜15時
場所:大給山一心寺
住所:愛知県西尾市大給町32番地 大給公民館・大給神社       前
写経については、晋山式祈念として、今回は大本山薬師寺の写経を無料進呈した。
 

空海書道 2011年10月02日(日)

  「書道雑感」

8月7日までの3日間空海・至宝と人生(仏像・書・曼荼羅)の番組がNHKプレミアム放映されました。仏像彫刻も書もひたすら極めている者として、極めて貴重な有用な番組であった。
特に書については、石川九楊他の臨書を含めた解説は、正鵠を得たもので感激して鑑賞した。
空海24歳の書では既に、中国書聖の王羲之の技法を駆使した見事な作品を始め、最澄に宛てた国宝「風信帖」、62歳最晩年のひらがなの到来を窺わせる書に深い感動を憶えた。
私事ながら、小生の書をぜひにと、主治医他4名から所望を受けた作品を含め、合わせて4作品を5月から書き始め、半切(畳半畳の半分の大きさ)500枚ほど書上げ、ほぼ完成した。
11月の薬師寺東京別院の書道展出陳作品も含めて5作品は、9月の薬師寺僧侶の受戒前の今月中に書き終える予定である。
 

受戒準備 2011年09月01日(木)

  「薬師寺僧侶就任式」

9月奈良薬師寺僧侶となる受戒のため、馴染みの床屋さんに相談して、7月から3ヶ月計画で、頭を丸める決意した。
7月末は、かなり短めの頭髪にして貰い、今月末は、五分刈りの坊主頭にして貰った。来月末受戒前までには、もう少し短く刈って貰い、正式に僧侶となる予定である。
今月中には、既に仕立て依頼した法衣も念珠他法具も揃い用意万端調う。
既に、唯識論をはじめ、薬師寺法相宗の経典研究も進めている。
今週、首相官邸での会議出席のため、帰京した息子も、その決意に驚いていた。
 

非僧非俗 2011年08月03日(水)

  「薬師寺僧侶非僧非俗の覚悟」

7月、自坊”一心寺”での坐禅会・写経会・喫茶坊を主宰するため、帰省した折、入宗手続きに必要な、戸籍抄本を原籍での市役所で入手し、帰京後所定の書類を揃えて薬師寺僧侶の入宗の手続きを、すべて終えた。
8月上旬には、受戒式に必要な法衣・法具も揃う手筈となっている。
今後は、「非僧非属の覚悟」を決め、薬師寺法相宗の唯識経学の研究等修行の準備に入ります。
人生の終(つい)の務めとして、「薬師寺僧侶」となり、自坊「一心寺」住職として、不断の修行を続け、心を磨き、人々の心の支援をする覚悟で9月の受戒に臨む積りでいる。
 

受戒手続 2011年07月05日(火)

  「薬師寺僧侶受戒」

今般、大本山薬師寺管主山田法胤猊下の特別な御配慮により薬師寺僧侶となる受戒を許された。
6月大本山薬師寺より9月の受戒許可の正式決定が郵送され、早速受戒の手続きを開始した。
提出書類は、僧籍編入位階補任御願書・履歴書・戸籍謄本・住民票・印鑑証明・写真等々多岐に亘っている。(保証人は、薬師寺東京別院の橋本正晴事務長)
更に受戒式出席のために法衣・法具の発注や、僧侶修行の予習等々9月の受戒までの準備がある。
剃髪は、在家のため敢えて求められていませんが、これから3か月の間に徐々に変えていこうと考えている。
 今後は、自分自身の心を磨き、多くの人々の心を支援していきたい。
古稀の祝いとの山田法胤管主の交誼の御好意に感謝して、受戒後は、自坊「一心寺」の住職として、多くの人々の心の支援が出来ればと思っている。
 

山田管主 2011年07月03日(日)

  「大本山薬師寺山田法胤管主」

4月22日(日)は、奈良女高師・奈良女子大の同窓会である佐保会東京支部と東佐会(会長・家内)の総会が学士会館で開催された。席上記念講話を大本山薬師寺山田法胤管主に依頼して、行われた。110人余の会員が参加して、管主の絶妙な語り口と明快な内容に、皆感動していた。そのお陰で、総会も盛況のうちに終了した。
昨年の総会終了後、東佐会会長の家内から管主の講話を懇望されて、1年前から管主に講話を依頼し、快く承諾して頂いき、本日の総会に至った。
当日は、わざわざそのために早朝奈良から出張されて、日帰りされる管主の世話役として、講和を斡旋した関係から小生も総会に参加した。例年になく多くの佐保会会員が参加し、管主の講演に満足して、世話役としての小生の役目も無事果たされたものと今は、安堵している。
 

祖母岳父 2011年06月03日(金)

  「歌舞伎役者と主治医」

先日来、わが美術所”無庵”での追善記念俳句・書道展が地元「三河新報」に掲載され、記事の中で取上げられた「祖母市川牡丹”女団十郎”」と岳父黒部正之医博について多くの方から質問があった。ここのその総括として回答を記す。
祖母市川牡丹(牧原ゑつ)は、市川団十郎直系の一時代を風靡した歌舞伎俳優で、一座を率いて、日本のみならず中国・満州全土を巡演して、大変人気ある歌舞伎俳優とのことである。私が3歳の時に亡くなったので、もう少し祖母が永らえていれば、私が、一座を継いで、今ごろ歌舞伎俳優としてその座長を務めてのではないかと思う。
実は、その祖母市川牡丹の主治医が、今は亡き家内の父(岳父・黒部正之医博)で、当時三河地方には、慶応大医学部を卒業した医者いなく、岳父は吉良家代々の医者の家系
で、当時既に高名な病院長とのことであった。
更に、奇妙な縁で、牡丹の孫(私・信行)の嫁(家内)が、主治医(岳父)の娘(家内)で、ひ孫(息子・出)の出生のときの主治医(岳父)であるとの不思議な関係である。
なお、四月から吉良町もわが西尾市と合併され、生前吉良町議会の議長を三期に亘って務めた議会も解散されて、歴代議長の写真が返却されて、たまたま展覧会場に展示してあり、来場者の皆さんから、その関係を質問された。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -