無人庵 山椒録



書道展覧 2015年03月20日(金)

  ―“大本山薬師寺書道展”

4月4日から開催される奈良大本山「薬師寺書道展」のご案内をする。この期間平山郁夫画伯の壁画も公開されている。来場者の皆さんは、無料で拝観出来る。是非お出掛け下さい。なお、写経道場前の大木薄墨櫻も満開で、皆様のご来場を歓迎する。
今回は、篆書体の額装・畳2枚大の作品を出陳している。楷書・行書・草書・隷書を終え篆書の作品で書体の最終作品である。
   「第8回一光書法展」
会期;4月4日(土)〜4月12日(日)
会場;大本山薬師寺玄奘三蔵院(近鉄「西の京」駅下車すぐ)
場所;奈良市西の京457 電話0742−33−6001
時間;10:00〜16:00
拙僧は、階段墜落事故後の体調養生のため初日4日の行事は、欠席し、5日(日)10時から6日(月)12時まで会場で待機する。ご来場は、待機中にお待ちする。
 

幸福成就 2015年02月20日(金)

  「幸不幸・宗教の役割」

国民の生命・財産・平和他を守るのは、国の責任である。個人の幸福は、原則として自己責任である。現在の中東の争いは、宗教とは無縁のテロ事件だ。
戦争も社会の醜い問題も今に始まった事ではなく、有史以来のことである。個人の幸福も、2500年前にお釈迦さんが説いたのは、如何に生くべきかの人生観(宗教・仏教ではない)だけであり、それは”幸福になる為には、欲を捨てよ!そのために精進しなさい”と説いているのみだ。
しかしながら、今に至るまで、人間は、欲にまみれて、不幸の道を進んでいるばかりである。本人の自己研鑽もなく、ただ努力もせず、怠惰な生活をしていては、いつまでも不幸の泥沼で喘ぐだけではないか。
宗教は、本人の人生観に起因することで、強制するものではない。社会の不安や個人の幸福は、本質的には宗教は無力である。原則的に宗教は”来る者は、拒ばず、去る者は、追わず”であり、本人自身のこころの問題だ。
幸福の究極の公案は、「お前は何者か?この世に何しに来か?」である。さて、皆さん公案の回答や如何に!!!
 

初詣大吉 2015年01月18日(日)

  ―“幸福童好評”
                         
皆様の今年の大吉を願って、幸福童(しあわせわらべ)を年賀状にしたため、制作したところ、多くの方から好評を博し、恐縮している。
その為か?鎮守の神様の代田八幡神社の恒例の初詣の際、珍しくおみくじが「大吉」であった。今年の皆さんの願いが、正月早々に叶ってきていることを実感しているので、念の為ご報告する。
なお、私事ながら
1)1月18日付け「読売新聞」P19書評”ピアノを弾く哲学者サルトル他”(牧原 出東京大学教授)
2)雑誌「中央公論2月号」対談”自民党よ、慢心するな”(星 浩、橋本五郎、牧原出)
をご一読乞う。
 

特別写経 2014年12月25日(木)

  ―薬師寺国宝東塔大修理

大本山薬師寺では、現在国宝東塔の全面解体修理を進めているが、大修理成就を願い「薬師寺国宝東塔大修理特別写経」の勧進を行っている。特別写経全十組二十巻ご納経料一組二巻で一万円、全十組二十巻で十万円である。皆さんに勧進をお願いしているので、ご協力頂ければ幸いである。
拙僧も既に勧進を終えていたが、薬師寺東京別院での階段墜落事故を期に、特別写経を始めた。10月から二組四巻を写経して、今月で既に六組十二巻の写経を終えて、奉納した。新年正月に写経始めとして八組十六巻を写経し、一月末までに全十組二十巻の写経奉納を満願成就する予定である。

自坊「大給山一心寺」での坐禅会(無心會)並びに写経会(一心会)も今月第五十回目を終了し、会員の皆さんに第五十回目を記念して、「幸福童(しあわせわらべ)」の色紙を今後さらなる修行を続けられよう”激励賞”として進呈した。そして写経のお陰で、写経を続けられている皆さんが、自然にこころを磨かれて、こころ安らかになり顔つきが穏やかになっているようで、主宰者として安心である。
坐禅も写経も本人のこころの安心(あんじん)となり、本人自身の幸福の原点である。皆さんへもお勧めする。
 

法話報告 2014年12月20日(土)

  ―書道展報告共

12月16日、自坊「大給山一心寺」より薬師寺村上副住職の法話会他行事を済ませて、帰宅した。法話会は、定員を超える参加者が来場し、参加者から解りやすいと大変好評のうちに終了した。主宰者として、満足結果で安堵している。

 薬師寺東京別院での書道展も法話開催のため拙僧は、不在であったが、多くの方々が書道展に来場された。誠に有難く恐縮至極であった。
前回の隷書から今回出陳作品二点は、篆書に挑戦した。一年間の篆書の臨書を続け、完成した作品であった。主催者他来場者からも望外の絶賛を得て、感謝感謝であった。現在は、来春の大本山薬師寺での書道展の出陳作品の作成に取り掛かっている。篆書の清の時代の名家「呉煕載」の臨書を畳2枚ほどの和紙に仕上げる。
楷書・行書・草書・隷書から最後の篆書で書の字体は、一先ず終了である。今後は、さらなる書の深淵を極められばと考えている。
 

書道展覧 2014年12月01日(月)

  ・・一光書法展案内

会期;12月12日(金)〜14(日)
時間;9時半〜16時半(最終日16時?
会場;薬師寺東京別院
住所;東京都品川区東五反田5−15−17(山手線五反田駅徒歩8分)
電話;03−3443−1620
今回は、篆書体2作品(軸装と額装)を出陳している。ただし、自坊にて村上太胤副住職の法話会のため不在となるが、ご覧乞う。

なお、先月12日薬師縁日の際、別院の3階階段より墜落し、大量出血・意識不明の重体で救急車で病院に搬送された。医師の首の骨折、脳障害の恐れありとの判断で精密検査を受けた。医師も不思議なほど首も脳障害もなく、左顔面と肘の二箇所の傷を5針縫い、左側体打撲で大過なく済んだ。一日入院して早期異常なく退院した。先月一杯は、静養し、今後二ヶ月は、自重するようにとのことであった。
その後傷の抜糸を終え、順調に回復しています。今月からは、徐々に活動を選択して、自粛しながら始める。
別院での法要に出仕された山田法胤貫主始め関係者の皆さんには、大変ご迷惑をお掛けしまた。色々ご配慮頂き、誠に有難う御座いました。
 

臨死体験 2014年11月01日(土)

  ―瞬間修行

10月12日、薬師寺東京別院で階段墜落事故で、無意識のまま病院へ搬送されましたが、お陰で大過なく順調に回復している。その際、多くの方々から御見舞頂きまして誠に有難うございました。
臨死体験を通じて、瞬間荒行を強いられた。約1時間あまりして意識が戻ったが、死は無痛そのものように実感した。眠るが如き臨死でした。修行1000日分を一瞬のうちに修行したようであった。
「死は、人生最後の大切な事業」である。「死に支度」は怠りないようにと修行させらたように思った。

なお19日NHKテレビ「視点論点」”有権者の選択とこれからの政治・牧原出東京大学教授”(4時20分〜30分・再放送Eテレ13時50分〜14時)をご覧乞う。

参考本;「死に支度」瀬戸内寂聴著・講談社刊 1400円(税別)
 

NHK放映 2014年10月20日(月)

  本日10月20日19時30分から放映の「クローズアップ現代」NHKテレビ番組の放
映までの概略を参考までに、お知らせ致します。

1)放映一ヶ月程前の番組編成会議に各記者(デイレクター)から提出された番組テー
マ・企画書を検討し、放映担当記者が決定される。
2)決定した担当記者は、企画書による取材(海外取材共)、複数の解説者から放映解
説者を決定・取材、番組の構成をする。
3)放映当日、司会者(キャスター)・解説者との最終会議で想定問答を確認し、放映
1時間前に、リハーサルをして本番を待つ。
3)19時30分生放送、テレビ放映開始し、20時放映終了。

これだけの用意周到の放映中も司会者の想定にない質問を振られ、終了まで緊張を強い
られるようです。
本日は、10月7日放映予定が、ノーベル賞で急遽中止となり、当日の録画放映です。

番組; 「クローズアップ現代」NHKテレビ”公文書は誰のものか〜問われる1400
万部の管理〜”

出演; 牧原 出(東京大学教授)
司会; 国谷裕子(NHKキャスター)
放映; 10月20日(月曜日)19時30分〜20時

興味のおありの方は、ぜひ、ご覧下さい。番組視聴後記をメール頂ければ、本人へ伝え
、今後の糧とさせます。
よろしくお願い致します。
 

千人法話 2014年10月01日(水)

  “男・寂聴 法を説く”

「大本山薬師寺」で受戒して、薬師寺僧侶となった。併せて自坊「大給山一心寺」の住職となり4年目を迎えた。その間今年6月3日には、千日早朝修行満願成就した。
未熟な僧侶ながら、北海道を始め、居住地関東、地元中部、関西からの方々から法話を依頼されて、既に法話会も全国各地で、10数回、聴取者千余人となった。
今回は、忠臣蔵ゆかりの吉良上野介の菩提寺の名刹「華蔵寺」での吉良上野介の富子夫人(米沢藩上杉藩主の姫)310回忌法要を兼ねた富子会に招かれて演題”男・寂聴法を説くー幸福の一本道(生きているだけでいいんだよ)”とした法話した。
国会議員他来賓並びに富子会会員100余人の参加者で盛況だった。なお、初代富子会会長黒部正之医師は、家内の父親であり当時吉良町議会議長として、富子会発足以来2
0年以上会長として会の運営に携わっていた。現在の会員他来賓も彼の遺志を継いでいて、そのご縁での法話依頼であった。
曾ての会社関係、近隣関係、知人・友人関係他のご縁から全国的に法話の依頼があり、出来うる限り都合を付けて、法話させて頂いている。修行中の僧侶ながら、50年間の企業家からの視点を交えた法話が、専属僧侶の方々とは違った独自の法話として、恥かしながら好評を得て、2年後のリピーターの法話の要望もあり、恐縮している。
法話も、出来る限りの準備をして、臨んでいる。法話はじめ自坊での活動は、すべて布施は頂いていない。今回も岳父黒部正之と拙僧の連名で、法話代は受け取らず、「華蔵寺」へお布施させて頂いた。
今後共、拙僧で良ければ、法話のご依頼があれば、終生行として心よりお受けしたいと思うので、気軽にお話し頂きたい。
 

法話修行 2014年09月01日(月)

  ―吉良上野介菩提寺華蔵寺

9月6日から、奈良大本山薬師寺での恒例修行に出掛け、しばし東京を離れる。なお、今回は、忠臣蔵で有名な吉良上野介の菩提寺「華蔵寺」で上野介の奥さんの富子夫人を悼む「富子会」総会で法話を依頼され、地元の多くの会員の方々に法話もする。
「富子会」初代会長が当時吉良町会議長であり、医師を務めていた家内の父親で、そのご縁からの法話依頼である。「富子会」発足と運営に永らく携わって、亡くなった岳父の遺志と思い、岳父の継承者の会員の皆さんへ心の布施をさせて頂く。
法話も、ほぼ毎月北海道はじめ全国的に依頼を受けて、微力ながら積極的に出掛けている。法話も拙僧の修行と考え、お布施は、頂かない。法話ご希望の方は、気軽にお声をお掛け頂きたい。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -