無人庵 山椒録



銘板佛額 2012年05月19日(土)

  3月中旬から、薬師寺書道展、薬師寺花会式、自坊一心寺坐禅会・写経会と郷里町内祭礼等々の行事を終えて一ケ月振りに自宅の生活に入った。
書道展等の行事の合間に、ひたすらオーナーマンションの銘板「桜之郷・心」半紙200枚、山田法胤管主来山法要の仏額「南無佛」半切半分100枚程を書き上げ、完成させた。
銘板「桜之郷・心」は、花崗岩に彫り、マンションの前に設置しる為、業者に書き上げた「書」を渡してある。
仏額「南無佛」も額縁に表装するように、額装店に「書」を郵送したところである。
今後は、薬師寺山田法胤管主御来山「法話会・法要」(6月10日)、御来山記念「岳父黒部雑谷俳句と牧原玄行書道展」(6月7日〜12日)の準備に、傾注する。
 

祭笛篠笛 2012年05月09日(水)

  奈良薬師寺の花会式に出仕して、自坊一心寺での坐禅会・写経会を済ませた。併せて、地元大給町の春祭りの獅子舞囃子の笛の練習会に出席した。
去年の春祭りから参加する予定が、東日本大震災のため、自粛して中止となり、今春からの初参加となった。小学生時代以来の60年振りの参加である。昔取った杵柄で、太鼓も獅子舞も笛も体が覚えていて、すぐに溶け込むことが出来た。
笛も二年前より篠笛の会に入り、稽古をして来たので、割と簡単に祭り囃子の笛も吹くことが可能であった。しかし、篠笛と祭り囃子の笛の吹き方は、多少違うので、その楽譜と実演DVDを貰い、自宅でも練習した。

4月12日は、薬師寺東京別院での薬師縁日の法要に出仕し、13日は、篠笛の会に出席し、その足で午後には帰郷して、14日(土)は、春祭りの本番でだ。その為十分な練習する時間がないが。ぶっつけ本番の参加であった。しかし、地元に溶け込む良い機会となった。
 

花会式報 2012年04月29日(日)

  奈良大本山薬師寺では、最大の行事である修二会としての「花会式」が、4月5日まで開催された。4月3日より、薬師寺僧侶として出仕するため出掛けた。深夜まで大法要が行われ、多くの参拝者で賑わった。最終日5日は、鬼追い式で松明が焚かれ、激しい鬼の舞いがあり、東大寺の修二会の「御水取り」に伍する最大の行事で盛り上がった。
機会があれば、一度ぜひ参加されたい。
 

薬師寺展 2012年03月25日(日)

  3日25日(日)に17日(土)より開催された薬師寺書道展が、盛況のうちに終了した。期間中多くの来場者を迎え、感謝、感謝の書道展であった。
今年は、古事記編纂1300年の記念の展覧会であった。古事記をテーマの書道作品を中心に、薬師寺玄奘三蔵院の回廊に38の大型書道作品が展覧され、来場者は満喫されたようであった。
開催初日は、山田法胤管主主宰の記念法要・法話も盛大に催された。しかし、生憎の雨模様でしたが、連休のためもあり、出足好調であった。読売新聞と奈良新聞にも掲載され、好評だった。

これからは、3月末から始まる薬師寺二大行事の一つである花会式(修二会)に参列する準備に入る。
 

絲綢之旅 2012年02月15日(水)

  汎シルクロードの旅を7年間で完結して、2月5日帰国した。

思えば、奈良大本山薬師寺の玄奘三蔵院にある平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」に触発されて始めた、玄奘三蔵求法の旅を訪ねる試みは、禅寺僧侶の先導の旅からであった。
中国全土長安からカシガル更にインド・パキスタン釈迦佛蹟の旅は、5年に及んだ。
更に汎シルクロードへと進み、長安から東は、日本薬師寺・韓国・中国丹東、大連、旅順、洛陽、西はトルコ・イタリアローマから旅を進め、ドイツ・オーストリア・リヒテンシュタイン・スイス・フランス・イギリスと拡大シルクロードの旅を終結した。
終結前に、薬師寺での受戒を受け、山田法胤管主から”玄奘三蔵法師”の「玄」を頂いて、法名「玄行法師」と命名される過分な御配慮と旅の御縁に感謝感激している。

旅の完結と古稀の記念に、平山画伯の「絲綢之路天空」(複製画・岩絵具仕上)を購入して、砂漠の旅の縁(よすが)として、堪能している。
 

精進報告 2012年01月22日(日)

  私事ながら、小生の精進活動を報告する。
私は、大成建設入社して20歳後半から約半世紀、原則として朝3時起床。午後10時就寝の生活を続けている。勤務時代は、出社前に経営・古典・仏典の約2、000冊の読書と研究から経営の本質は、人間研究にありと心得、その研究により、40歳・不惑を期して「私本経営論」を出版した。
その後、経営学の理論的体系確立のため、54歳で一年間大学院受験塾に通い、55歳で経営学修士に合格し、2年、その後経営学博士課程に受験して、3年間60歳で終えた。その時点で、請われて、大末建設へ常務取締役として迎えられ、再建支援に当った。再建支援を終了して、役員の任期を満了して、自立し、牧原経営研究所”無人庵」を設立しました。
併せて、薬師寺夏季講座5年、比叡山延暦寺での寒修行5年、京都妙心寺での夏季修行3年を終えた。
現在引き続き、毎日曜日は、妙心寺派龍源寺の早朝坐禅会、月一回は、東京大学三昧堂での坐禅会に通っている。
なお、自坊「一心寺」では、月一回坐禅会・写経会・法話会を主宰している。既に一年余り続けています。
現在は、受戒後、薬師寺僧侶としては、毎朝3時から4時間半まで1時間半、早朝勤行と坐禅、真向法他日々の修行を続けている。
 

謹賀新年 2012年01月01日(日)

  新年明けましておめでとう御座います。
去年9月に奈良大本山薬師寺にて、受戒・得度して薬師寺僧侶となり、大本山薬師寺での初出仕の礼装法衣姿を、年賀状に写真とその心を表現しました俳句を添付したところ、多くの方々から激励のメールを頂き、感謝の極みである。ありがとう御座いました。
新年は、明日(3日)から薬師寺東京別院での法要に出席し、8日には奈良本山薬師寺新春法要に出仕しするため奈良に帰山する。その後、郷里の自坊「一心寺」での法要・坐禅会・写経会を主宰し、11日(大安)には、農苑の跡地のオーナーマンションの地鎮祭、12日は、その本工事着工立会いの予定である。
後半は、7年間掛けた、シルクロード最終の旅で、ヨーロッパに出掛け、日本・韓国・中国・インドからトルコ・ローマと旅を終え、結願します。併せて、ドイツ・スイス・パリ・ロンドンへと汽車の旅も満喫する予定である。
今年は、新年より薬師寺僧侶・一心寺住職の務めを主体に、微力ながら多くの方々の心の支援をしていきたいと思っている。
本年もよろしくお願い申し上げます。
 

神嘗祭記 2011年12月22日(木)

  10月16日、山田法胤薬師寺管主と同行して、伊勢神宮神嘗祭に参列して、帰京した。
晴天に恵まれ、五十鈴川での川曳き「初穂曳」も盛大に行われました。初穂や米俵10俵を積んだ奉献船も無事内宮宇治橋まで運ばれ、神前に奉納された。夜の神嘗祭は、21時境内に案内され、22時暗闇の中、松明の明かりに先導されて、始まる。
斎主を先頭に大宮司他宮司が50人余り入場されて祭事は、真夜中まで厳かに挙行さる。
今年は、池田厚子(昭和天皇の皇女)斎主は、高齢での体調不良で、初めて欠席され、寂しい神嘗祭であった。
なお、皇居では、同じ時刻に今上天皇主宰の神嘗祭も執り行われる。
 

慰霊報告 2011年12月16日(金)

  9月28日、薬師寺僧侶の初のお務めとして、一人での東北3県慰霊と慰問の旅から戻った。岩手県は宮古市・宮城県は石巻・福島県は相馬市を訪れ、慰霊法要をして来た
。本日は、先ず一報として総論を記す。詳細は、随時報告致する。
各地共、想像を絶する津波被害を目にして、ただただ茫然自失するばかりでした。一つの町総べてが大津波によって流され、無人と化しているところも多く在った。
また、港では打ち上げられた船が無残な姿をいまだに晒してもいました。残された建物も鉄骨のみが裸のままの状態で、木造の家の基礎のみが残された町は、人の気配もなく、無残で哀れさを誘っていた。
これらの復興は、強力な政治力が不可欠であり、国民すべての支援が、必要ではないかと実感した。
各地で慰霊法要をして来ましたが、一介の僧侶の供養が届けばとの思いを込めて、ひたすら祈り続けた。
 

晋山報告 2011年12月01日(木)

  本日は、9月8日の奈良大本山薬師寺での受戒式の報告に続き、自坊「大給山一心寺」住職就任の晋山式の報告する。
受戒式を終え、3日後の11日(日)13時30分に、県外からの参加者を含めて多くの参列者を迎え、自坊「大給山一心寺」での晋山式を挙げた。
更に、山田薬師寺管主をはじめ、東京での坐禅会・書道会並びに仏像彫刻会や地元の多くの方からの生花・祝電を頂き盛況のうちに、晋山式を執り行った。挨拶・法要・法話の後、茶話会を行い、無事終了した。これで、正式に住職に就任した。
引き続き12日(月)には晋山式記念坐禅会と写経会も盛会のうちに終った。
その上、地元新聞社「三河新報」の取材を受け、僧侶姿の拙僧の大きな写真入りの記事が翌日発刊され、地元では、読者からの大変な反響があり、驚いている。
受戒式と晋山式を終えて、今はその使命に、心引き締まる思いで、更なる修行を続ける覚悟を新たにしている。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -