無人庵 山椒録



札幌紀行 2013年09月03日(火)

  ―墓参と家内護送・記事紹介
               
自坊「大給山一心寺」他盂蘭盆会の諸行事を済ませ、引き続き曾ての腹心部下の墓参と家内の老々介護の為札幌に行き、半月余りの東京不在から帰京した。
20年振りの札幌も駅の北側の再開発が完成して、すっかり新しく変貌していた。大成建設札幌支店勤務時の部下が亡くなって、初めての墓参をして、菩提を弔い安堵した。
今回の札幌行の主目的は、札幌の股関節専門の高名な医師の手術を受けた家内の東京までの護送であった。
関節の過度に摩耗した部分に自身の骨を移植する手術であったため、移動が困難で日本航空のスマイルサポートの手厚い支援を受け、無事帰宅した。
一ケ月程は、足に体重が全て掛けられなく、家事他生活支援が不可欠で、老々介護をしなければならい現状です。しばらくは、自宅で家内の介護に関わる日々を送る。
なお、私事ながら現在発売中の中央公論9月号「対談安倍政権”勝負の秋”のはじまり」(牧原東大教授・渡辺北大准教授)P72〜P81をお暇の折にご覧頂ければ幸いで す。
 

お白石持 2013年08月08日(木)

  7月末に伊勢神宮の式年遷宮の大切な「お白石持行事」に、薬師寺山田法胤管主と一緒に参加する。特別神領民に選定されて、20年に一度の遷宮行事の主要な儀式にに参加することは、これが最後と思い、心を込めて務めたいと考えている。

「お白石持行事」とは、遷宮により新しくなる御正殿の敷地に敷きつめる「お白石」を奉納する行事で、清流宮川より拾い集めた「お白石」を奉曳車・木そりに乗せ、木遣り歌を歌いながら、沿道や川を練り進みます。神域にり、各自白布に「お白石」を包み、遷宮後は、絶対に立ちいることの出来ない内院(遷宮式後平常は天皇陛下のみ立ち入る場所)の奥深く進み、持参した「お白石」を奉納する千歳一隅の行事である。
 

太陽発電 2013年07月20日(土)

  ―太陽光発電と私的年金計画ー

本日は、参考までに、太陽光発電システムと私的年金計画の提言を記す。

去年(2012年5月末)、実家近くに新築したマンションの屋上に、太陽光発電システム設置計画を進めている。
昨年法律が改正され、発電された電気が、10年間買い取り保障が、現時点の売電価格で、20年間買い取り保障に延期された。その為、太陽光システムの設置資金の回収期間が約10年余となり、投資資金の回収が、早まった。工事費も消費税値上げ前の対応として、充分採算が取れる。
回収資金と収益金は、家内への為に、退職金を活用した企業年金が、80歳で終了する後の対策として、100歳までの家内の老後保障の為に設定する私的年金とする計画である。
既に7月に業者と設置工事の契約を済ませ、10月には、工事完了する。発電電気は、設置地区の中部電力へ売電する予定である。
興味のある方は、詳細をお知らせします。気軽にお問合せ下さい。
 

管主法話 2013年07月07日(日)

  ―第二回管主法話会他-

薬師寺山田法胤管主法話会他の自坊「大給山一心寺」の全ての行事を終え、半月振りに帰京した。今回は、その報告と御礼を申し上げる。

薬師寺山田法胤「管主法要」では、同行佛6体と肌御守りの精入れ(入魂)も執り行って頂いた。その後、西尾城址の旧近衛邸での「第二回管主法話会」には、定員50名の会場に80名近くの聴衆者が集まり、大変好評であった。
「第六回シルクロード・インド他と書道展」「第一回一心寺薬師会(般若心経研究会)」「第34回坐禅・写経会」にも多くの方々、特に兵庫県神戸市、東京都、岐阜県他県外からも知人友人の方々もご来場して頂き、大盛況のうちに終了した。

これらの行事は、2回に亘り、地元「三河新報」に記事が掲載された。

薬師寺山田法胤管主はじめ一心寺関係者のご支援並びにご来場者の皆さんに、心より感謝申し上げる。有り難う御座いました。
 

暴言虚士 2013年06月01日(土)

  ―傲慢と落目

しばらく、東京を離れ、仏事にかまけている間に、暴言虚士が声高に騒々しい。
猪瀬東京都知事の傲慢の果てのイスラム教への批判発言と橋下大阪市長・日本維新の会共同代表の落目の果ての慰安婦・性風俗等々の暴言、いずれも他人への配慮のない浅学菲才な虚士の馬脚を表し、男の風上にも置けない面々では、ないだろうか?その後の虚勢の弁解に至っては、何とも哀れである。早晩人気も賞味期 限切れで、退場の憂き目に遭う。
願わくば、”只管打坐”して、人間修行をし直し、心を磨いて、謙虚に反省して欲しい。

6月初めには、6月29日に大本山薬師寺山田法胤管主の自坊「大給山一心寺」への御来山並びにその記念「シルクロード・インドと書道展」開催他の準備の為、しばらく帰省する。
 

無心・空 2013年05月01日(水)

  ―「無色透明な存在」

奈良大本山薬師寺にて受戒を終え僧侶となって2年目、毎朝3時に起床して、朝の勤行を続け、600回を超えた。
早朝勤行は、先ず神棚にお祈りを捧げ、次に大本山薬師寺での勤行と同じように読経して、その後坐禅修行をし、最後は、真向法・ラジオ体操で500以上の筋肉を鍛え、約1時間半余りである。続いて、仏壇の前で、先祖供養の読経、外に出て、太陽に天下泰平・五穀豊穣・子孫繁栄を祈願して終了する。
500回を超える頃から、不思議なことだが、自身の存在が、「無色透明な存在」のような体感を実感ている。600回を終えた今、ますます「無の心・空」を感じる。今あることの有り難さに自然と感涙・感謝の念に浸っている。
今後共、ただひたすら「早朝勤行」を務めて、深く、深く、もっと深く「無の心・空」の行を続ける覚悟である。
 

震災続報 2013年04月01日(月)

  前回の「まだ2年」・「もう2年」のメールのコメントが多く寄せられ有り難う御座い
ました。特に、拙僧のメールの真意を問うコメントが少なからずありましたので、率直
な真意を記します。

拙僧が、明言したいのは、以下のことです。

「大震災等津波被害は、当事者の方々にとっては、想像を絶する逆境でしょうが、人生
には、それに類似した過酷な逆境に遭っている人は、少なくありません。しかし、その
逆境から立ち直るのは、当事者自身しか出来ません。周りがどんなに支援しようとも、
本質的な解決には、なりません。はっきり言えば、自分の運命として、受け入れ、自己
の責任で解決するしかないのです。人の助けに縋って、不平不満を言ったところで、ど
うにもなりません。前向きに立ち向かって、直面している運命と闘うしかないのです。

国や社会等々の可能な限りの支援は、当然ながら不可欠でしょうが、お涙頂戴のマスコ
ミの報道が多すぎるようです。

運命に負けずに、一日も早い被災者の復興を祈るばかりです。」

率直なご意見をお寄せ下さい
 

震災2年 2013年03月10日(日)

  「まだ2年」と「もう2年」

東日本大震災後、明日で2年となる。

発生後すぐに、仙台住む息子家族慰問に夜行バスで被災地に出掛けた。その後、奈良大本山薬師寺で授戒して、薬師寺僧侶として、岩手(宮古市・田老町)宮城(釜石市・仙台市)福島(相馬市・磯部町)として単独慰霊祈願の旅をした。その当時は、被災者の方々は、ただ茫然自失の状態であった。

2年後の現在、被災者の方々の声は、「まだ2年」と「もう2年」との声に分かれているようである。前者の声は、家族や身寄りに犠牲者がある方々であり、後者の声は、犠牲者はなく何とか仮説住宅に暮らす方々であるようです。「まだ2年」の声は、2年では身近過ぎて立ち直れないとの悲痛な声であり、「もう2年」の声は、2年も過ぎたのに、正常な生活に戻れないとの不満の声のようである。

夫々に人生最大の逆境の前で、苦悶されている姿でしょう。しかし、いずれにしても、乗り切るより術はないでしょう。現状を前向きに捉えて、一日も早く立ち直って頂けるよう祈念するばかりである。

今週から、奈良大本山薬師寺での書道展の山田法胤管主の記念法要・法話会並びに出陳作品の観賞者への対応の為2泊3日の予定で奈良へ、その後自坊「大給山一心寺」での坐禅会・写経会を主宰するため、しばらく東京を空ける。
 

謹賀新年 2013年01月01日(火)

  ―新年挨拶

 1月8日は、2時より起床して、早朝勤行を済ませ、5時前より大本山薬師寺初薬師法要に出仕するため、奈良へ出掛ける。その後、帰省してで、自坊「大給山一心寺」で新年会と坐禅会・写経会を主宰し、初釜の茶会に出席して、15日に帰宅する。
 その後、19日から、インド・ネパール佛跡巡拝の旅へ出る。今回は、6年前に巡拝して2度目の巡拝の旅である。2年前に奈良大本山薬師寺で受戒し、佛弟子となった「釈尊へのご挨拶とお礼に巡拝が目的である。1月末に帰国予定だ。
 

年末挨拶 2012年12月30日(日)

  ―黒豆料理と年末報告ー

いよいよ年の瀬、如何お過ごしでしょうか?
今年で、黒豆料理作りも20年目を迎えました。最高の丹波の大粒の黒豆と三温糖で仕上げる。
27日より3日掛かりの黒豆作りも、明日大晦日までの2日間甘味をじっくり煮含ませ、5日間の黒豆料理を終える。大晦日夕方には、近所の皆さんへお裾分けする。例年、心待ちされ、大変重宝がられている。

さて、今年も残すところ後、二日となりました。
今年は、奈良大本山薬師寺山田法胤管主御来山の法話会・マンション「桜之郷・心」竣工・ライオンズクラブでの法話会・臘八大接心会・牧原出 東京大学教授就任記念、 図書室「玄行文庫」・茶室「喫茶去」開設等々皆さんのご協力を得て、心の布施を続けて来た。ご協力感謝申し上げます。
来年も皆さん共々坐禅会・写経会を通じて、微力ながら、ひたすら心の布施を続ける積りである。
今後共ご指導ご支援、よろしくお願い申し上げます。
どうぞ、家族皆様御揃いで、良いお年を、お迎え下さい。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -