無人庵 山椒録



謹賀新年 2013年01月01日(火)

  ―新年挨拶

 1月8日は、2時より起床して、早朝勤行を済ませ、5時前より大本山薬師寺初薬師法要に出仕するため、奈良へ出掛ける。その後、帰省してで、自坊「大給山一心寺」で新年会と坐禅会・写経会を主宰し、初釜の茶会に出席して、15日に帰宅する。
 その後、19日から、インド・ネパール佛跡巡拝の旅へ出る。今回は、6年前に巡拝して2度目の巡拝の旅である。2年前に奈良大本山薬師寺で受戒し、佛弟子となった「釈尊へのご挨拶とお礼に巡拝が目的である。1月末に帰国予定だ。
 

年末挨拶 2012年12月30日(日)

  ―黒豆料理と年末報告ー

いよいよ年の瀬、如何お過ごしでしょうか?
今年で、黒豆料理作りも20年目を迎えました。最高の丹波の大粒の黒豆と三温糖で仕上げる。
27日より3日掛かりの黒豆作りも、明日大晦日までの2日間甘味をじっくり煮含ませ、5日間の黒豆料理を終える。大晦日夕方には、近所の皆さんへお裾分けする。例年、心待ちされ、大変重宝がられている。

さて、今年も残すところ後、二日となりました。
今年は、奈良大本山薬師寺山田法胤管主御来山の法話会・マンション「桜之郷・心」竣工・ライオンズクラブでの法話会・臘八大接心会・牧原出 東京大学教授就任記念、 図書室「玄行文庫」・茶室「喫茶去」開設等々皆さんのご協力を得て、心の布施を続けて来た。ご協力感謝申し上げます。
来年も皆さん共々坐禅会・写経会を通じて、微力ながら、ひたすら心の布施を続ける積りである。
今後共ご指導ご支援、よろしくお願い申し上げます。
どうぞ、家族皆様御揃いで、良いお年を、お迎え下さい。
 

法話会記 2012年12月05日(水)

   法話会は、11月19日、グレースライオンズクラブの例会の中での開催であった。
 グレースライオンズクラブは、女性の経営者他ご主人がラオンズクラブ所属の奥さん達の女性独自に活躍するライオンズクラブである。
 法話演題「幸せの花道」として、ブツダの成道からその教えは、「三法印―諸行無常・諸法無我・涅槃寂静」に集約され、衆生を幸せにするものであると説き、以下のように話した。
歌舞伎役者(祖母歌舞伎役者”市川牡丹”の事例と共に)が大舞台で演じた後に、花道で大見得を切って去る、花道の演技こそ、大舞台の演技を決定する。それと同様に、還暦を過ぎた人生には、余生も第二の人生もなく、人生のすべてを決める人生最終段階であり、人生の重要な「幸せの花道」である。
 「三法印」の体現こそが、有終の美を飾る主要な総仕上げの人生の花道であると説き、具体的な事例「丁度良い」(ブツダの言葉)等を取り上げ、解り易く法話した。
 終了後、会員の方々から賛辞の言葉を頂き、安堵した。
 法話会は、地元第一の新聞「三河新報」の取材を受け、11月21日付新聞に、法話会の記事が写真入りで大きく掲載され、多くの地元の方々から励ましの言葉を頂き、感謝している。
 

神嘗祭記 2012年11月01日(木)

  「伊勢神宮内宮」
10月16日、伊勢神宮内宮で行われる「神嘗祭」に大本山薬師寺山田法胤管主と一緒に参列した。
「神嘗祭」は「新嘗祭」と並び伊勢神宮1600余の祭事の中で最重要神事である。天皇陛下が皇居で収穫された稲穂を祀り、五穀豊穣を感謝する祭礼だ。五十鈴川から舟曳きされた新稲穂と新米も納められ、深夜22時より松明の明かりのみに先導される斎主他多くの神官に依って執り行われた。今年から、池田厚子斎主に代わって黒田清子代臨時斎主が主宰された。
参列者は、毎回特別招待者のみに限られて参列を許される。薬師寺は、1300年前、天武天皇によって伊勢神宮と同時期に設営発願された関係上、同根とされ、毎年特別招待される。
特別参加者のみに許される内宮の垣内参拝を、昼の間済ませて、夜の「神嘗祭」に臨んだ。今年で7年目の参加であった。 心を籠めて、内宮での垣内参拝と「神嘗祭」の参列を終えた。
 

同行佛像 2012年10月01日(月)

  「浄土へ二人旅」

「救世観音菩薩立像」「釈迦如来立像」「阿弥陀如来坐像」

 仏像彫刻を初めて、7年余その間、10体程の仏像を彫った。去年から彫り始めた「阿弥陀如来坐像」も本体が、ほぼ完成した。
 “同行佛”とは、死後、本人と同行して、浄土まで一緒に          
お連れして頂ける佛を指している。
 母のための“同行佛”として「救世観音菩薩立像」を既に彫刻して、2年前に亡くなった母と一緒に納棺し、母と一緒に浄土へ旅立った。
二作目は、家内のための“同行佛”として「釈迦如来立像」を一年前に彫り上げて、現在「一心寺東京別庵」に祀ってある。
 三作目として、最後に自分のための“同行佛”として「阿弥陀如来坐像」を、今月彫り終えた。
これで、家内の分も、自分の分も“同行佛”が完成した。いつでも浄土への旅立ちの用意が出来たことになり、安堵している。
“同行佛”完成を期して、写真俳句を暑中御見舞として一句

「南無阿弥陀  南無阿弥陀仏  盂蘭盆会」

 次回作として、「薬師如来坐像」を彫る準備に入った。既に自坊「大給山一心寺」の本尊としてお祀りしている「釈迦如来立像」(師匠三木童心仏師作)と自作「阿弥陀如来坐像」と新たな自作「薬師如来坐像」を完成させて、来年からは、“釈迦三尊”として、自坊に開眼法要し、生前中は、自坊にお祀りして安置する予定である。
 
 

認知症状 2012年09月08日(土)

  単なる物忘れか、認知症の初期症状か、専門家の点検表を記しましたので、自己診断をしてみませんか?
認知症にならない対処法の秘訣も参考にして下さい。

物忘れと認知症点検表  

      (聖マリアンナ医科大学 山田登教授)

●加齢物忘れ
□知っている人の名前が思い出せない。
□おととい食べたものがしばらく思い出せない。
□物忘れを自覚している。
□大事なものをどこにしまったか分からないが、探そうという意思はある。
□電話で受けた伝言を伝え忘れる。
□漢字の書き方を思い出せない。

●認知症初期症状
□家族の名前が思い出せない。
□昨日の出来事を忘れ、日付が分からない。
□ものを忘れたという自覚がない。
□風呂、電気、ガスの消し忘れが多い。
□身だしなみに無頓着になった。
□簡単な計算ができない。
□薬の量、飲んだ回数が分からない。

 人生を前向きに楽しむ心のゆとりが大切です!

            (薬師寺僧侶牧原玄行編)
 

一心寺報 2012年08月06日(月)

  「坐禅会・写経会報告」

自坊「大給山一心寺」での坐禅会・写経会・喫茶去も7月で21回目となり、参加者も増え、20名余りとなった。そのため、場所の関係上、前回までは毎月午前と午後2回一日の会も、今回から2日間とした。
30歳代から70歳を超える男女の方々が、参加され夫々の思いを、先祖供養をされて、精励されている。
坐禅会・写経会の開始時点では、参加者は2名であったので、その盛会振りに主宰者として満足している。

拙僧としては、今後共、皆さんのこころの支援が出来ればと願っている。
 

御礼参上 2012年07月06日(金)

  「山田法胤管主御来山訪問先お礼参りの旅」

6月10日の管主訪問先の西尾市吉良町にある尾崎士郎記念館、吉良上野介菩提寺華蔵寺と西尾城址内にある京都から移築した旧近衛邸へお世話になった方々へのお礼参りをした。訪問先の皆さんに、管主来訪時に鄭重なる対応をして頂き、訪問時の管主との写真を持参して、お礼をした。夫々の皆さんから管主訪問を大変なる名誉であったと感激され、有り難く感謝、感謝であった。
当日の管主御来訪記念法話会の出席者からは、管主法話に感銘され、ぜひ次回も開催して欲しいとの強い要望が寄せられた。今後は、管主ともご相談して対応を検討したいと思っている。
併せて管主御来山記念「雑谷俳句と玄行書道展」も多くのご来場者があり、管主の影響力に感動している。
展示会も法話会も地元有力新聞「三河新報」が記事を掲載して頂き、読者はじめ皆さんから大きな反響を頂き、感謝している。
これら管主御来山の行事を、ご支援頂いた皆さんへもお礼参りをして来た。
 

来山報告 2012年06月18日(月)

  6月中旬、山田法胤管主御来山記念「雑谷俳句と玄行書道展」並びに管主歓迎懇親会・御来山記念植樹式・法要・法話会も無事盛会のうち終了して、帰京した。本日は、その詳細報告をする。
「管主歓迎懇親会」
6月9日、山田管主は、夕方西尾市に入られ、吉良観光ホテルに宿泊して頂き、夜には管主歓迎懇親会に臨まれました。自坊「大給山一心寺」の後援者を招き開催しました。管主の含蓄のある話に参加者は、感銘を受け予定を越えて、盛会でした。
「御来山記念植樹式」
翌日10日午前中は、吉良町の尾崎士郎記念館・吉良上野介菩提寺華蔵寺を訪れた後、拙僧の新築なったマンション”桜之郷・心”の敷地内で沙羅双樹の御手植えをしてお願いしていました。鄭重なる法要をされて、植樹をして頂きました。
「御来山記念法要」
その後、「大給山一心寺」に移り、拙僧の先祖供養と東日本被災者供養地蔵菩薩の開眼法要を執り行って頂きました。この地蔵菩薩は、陸前高田の流木松を使用して、石川京仏師が彫られ、厨子は、京の金箔・黒漆の芸術家の手になる仏像で、被災者供養支援として購入しました。立派に開眼して頂き、併せて被災者慰霊法要もして頂きました。
「御来山記念法話会」
引き続き、西尾城址にある京都から移築された「旧近衛邸」においての法話会で「ブツダに学ぶこれからの生き方」の演題で、管主に法話をして頂きました。管主の明快な温かい法話に60余人の参加者は、感激して感銘を受けたようでした。これからも年に一度は、一心寺へ来て、法話をしても良いとの管主の発言もあり、今後検討していきたと思っています。
管主には、多忙の中御来山頂き、日程厳しい予定を、快くお務め頂き、主宰者として感謝至極でした。また、これらの行事にご支援頂いた皆さんのご協力有り難う御座居ました。
 

展示会展 2012年06月03日(日)

  大本山薬師寺山田法胤管主ご来山記念して、下記要領にて「雑谷俳句と玄行書道展」を開催する。

「第5回薬師寺山田管主ご来山記念「岳父雑谷俳句と住職玄行書道展」(故黒部正之23回忌追善)」

日時;平成24年6月7日(木)〜6月12日(火)
   午前10時〜午後4時 なお10日(日)は、山田法胤管主法要・法話会のため午後3時半開館
場所;牧原書芸美術所(大給山一心寺併設) 愛知県西尾市大給町32番地大給神社・大給町公民館前
出品;山田法胤管主、小林逸光薬師寺書法会主催・読売新聞書道会理事、倉内秀佳女流書道家、岳父黒部雑谷(故正之)医博・俳人、牧原宗忍寺庭、牧原玄行庵主他
特別出品;東日本大震災被災者供養「地蔵菩薩立像」(越前高田松原流木松使用)石川昇明京仏師作
     重要文化財「奥の細道画巻(写)」与謝蕪村筆
     「書軸」橋本凝胤元薬師寺管主揮毫・現山田法胤管主師匠
関係出品;人生劇場著者・尾崎士郎と士郎後援会会長・黒部雑谷資料
閉会後、大給山一心寺にて、13日(水)は、坐禅会「無心會」・写経会「一心会」・喫茶去も予定しています。法話会・展示会を含め、ご来場・ご参加をお待ちしています。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -