無人庵 山椒録



法話修行 2014年09月01日(月)

  ―吉良上野介菩提寺華蔵寺

9月6日から、奈良大本山薬師寺での恒例修行に出掛け、しばし東京を離れる。なお、今回は、忠臣蔵で有名な吉良上野介の菩提寺「華蔵寺」で上野介の奥さんの富子夫人を悼む「富子会」総会で法話を依頼され、地元の多くの会員の方々に法話もする。
「富子会」初代会長が当時吉良町会議長であり、医師を務めていた家内の父親で、そのご縁からの法話依頼である。「富子会」発足と運営に永らく携わって、亡くなった岳父の遺志と思い、岳父の継承者の会員の皆さんへ心の布施をさせて頂く。
法話も、ほぼ毎月北海道はじめ全国的に依頼を受けて、微力ながら積極的に出掛けている。法話も拙僧の修行と考え、お布施は、頂かない。法話ご希望の方は、気軽にお声をお掛け頂きたい。
 

終生修行 2014年08月01日(金)

  千日早朝修行満願成就の行事もすべて無事終えて、ひたすら3千日早朝修行への日々を過ごしている。

千日修行を終え、”これで死ねる”と実感して、目下「生死一如」の心境です。そして生ある限り、終生修行を続ける覚悟である。

      「御来迎 生死一如の 終生行」(玄行)

上記俳句に心意気を託して、ひたすら修行に励む積りである。

引き続き、ご指導・ご支援よろしくお願い致します。
 

管主法話 2014年07月01日(火)

   大本山薬師寺山田法胤管主法話会並びに千日早朝修行満願成就記念書道展

              大給山一心寺住職・大法師 
               (薬師寺僧侶) 牧原玄行

謹啓 初夏の候 ますます御繁栄のこととお慶び申し上げます。この度、奈良大本山薬師寺山田法胤管主が、今年も大給山一心寺に御来山頂けることとなり、下記要領により第3回法話会並びに千日修行満願成就を開催する運びとなりました。ここに、法話会並びに書道展のご案内申し上げします。
           記
法話:大本山薬師寺山田法胤管主
演題:「盆の行事について」
日時:平成26年7月26日(土)13時15分〜15時半
場所:旧近衛邸
(西尾市錦城町231−1 西尾市歴史公園
併せて、薬師寺山田法胤管主御来山・千日早朝修行満願成就記念「般若心経写経と書道展」を牧原書芸美術所(一心寺内・西尾市大給町公民館前)にて、7月25日(金)〜
7月29日(火)・10時〜16時まで開催しますので、ぜひご来場下さいますようお知らせ致します。
 

千日修行 2014年06月03日(火)

  ―満願成就・結願

6月3日千日早朝修行満願成就した。この間多くの皆さんにご指導ご支援頂き、誠に有り難く感謝している。お蔭で結願出来た。
今朝は、いつもより早く2時前に起床し、冷水で水垢離し、体を清めて、満願法要・坐禅・真向法等2時間の特別修行を済ませた。清々しい朝を迎え、安堵している。
結願特別修行は、3日間務め、その後は平常早朝修行を続ける。
6月22日には、自坊「大給山一心寺」で千日早朝修行満願成就祈念法要を、寺の支援者の多くの皆さんが参加され、主宰する。
翌23日には、寺の有志の方々が、結願の祝い茶会を開催して、頂く。故郷の皆さんの心癒されるおもてなしに、感謝至極である。
今後共ひたすら修行を続け、皆さんへの心の布施をして行く、覚悟である。引き続き、ご指導ご支援頂きますよう、よろしくお願いする。
 

極楽読書 2014年05月01日(木)

  ―心の読書・幸福切符

本日は、在宅ホスピス医として活躍している友人から、終末医療の参考となる本の紹介の依頼を受けた。彼に紹介した本を、皆にも知らせる。興味があれば、一読されたい。
なお、その友人は、京大医学部を卒業し、大学病院に務めましたが、その後、地域医療に転じ、現在終末医療に尽力し、敬虔なる仏教徒でもある。
「早速ながら、ご要望に合うか、どうか解りませんが、拙僧の務めも終末医療と同根と考え、そんな医師他の皆さんの本を参考に紹介します。」
”医師”
1)鎌田 實「がんばらない」集英社刊
2)内藤いづみ「しあわせの13粒」オフィスエム
3)帯津良一「達者でポックリ」東洋経済新報社
”僧侶”
4)町田宗鳳著「生きてるだけでいいんだよー臨済録自由訳による」集英社
上記の本は、全てアマゾンのインターネット通販・送料無料で、すぐに入手出来る。
 

薬師寺展 2014年04月01日(火)

  ー奈良大本山薬師寺一光書法展の開催を案内する。

「第7回一光書法展」
会場;奈良市西ノ京町457 薬師寺境内の玄奘三蔵院 電話(0742)33−6001
会期;4月5日(土)〜4月13日(日)
時間;10時〜16時
待機;4月5日14時〜7日14時会場にて待機。
   ただし5日は10時より会場にいるが、開催法要・法話・昼食会等の為、中座(10時〜14時)する。
出陳作品は、畳2枚程の和紙に上部に「般若心経の真言」一文字を大きく篆書体で、下部に「般若心経の冒頭」25文字を草書体で、揮毫してある。
期間中は、三蔵院に収納されている平山郁夫画伯のシルクロード壁画も特別公開されている。薬師寺本山の拝観も兼ねて、ぜひ書道展に来場乞う。
 

北帰行記 2014年03月01日(土)

  -家内介護と法話会ー
東京が、二回目大雪の後、札幌に出掛け、2月20日退院した家内を無事空路護送して来た。当日は、札幌の吹雪止み、珍しく快晴で時刻通り飛行機が運航され、夕刻帰宅した。
お蔭で、家内の右股関節手術は上手く終わり、リハビリに取り組んでいる。
10数年間歩行が儘ならなかった両足の長さが、左右の股間節手術を終え、見事に同じ長さとなり、今後半年余りのリハビリの後は、正常歩行出来るのではと期待され、医療技術の急速な進歩に驚いている。先ずは、術後一ヶ月検診までは、正常歩行が出来ない為老々介護に務める。
札幌滞在中に開催した「大成建設札幌支店OB会」での法話会は、かつての部下・下請け経営者の多くの出席者の参加を得て、盛会となった。
出席者の皆さんからも好評を得て、今後札幌の他の会での法話も依頼された。より多くの方々への心の布施が出来るのは、望外の喜びである。
 

手術日程 2014年02月01日(土)

  -手術日程と演奏会

家内は、札幌の股関節専門病院で、もう一方の右股関節の手術の日程が決まった。
今月4日に入院し貯血し、雪の為歩行困難で帰宅せず、そのまま入院して、12日手術を受け、月末退院となる。去年8月手術しました左股関節は、お蔭で正常通りに回復して
来た。
今月から3月末の手術後一ヵ月検診までの間札幌への家内の送迎と老々介護に、しばし務める。
私事ながら、2月1日は、孫のヴァイオリン演奏会に招待を受けて出掛ける。仙台以来4歳から始めたヴァイオリンも東京へ移り芸大の先生の厳しい指導のお蔭で、芸大受験の高校生やプロの演奏会に6歳幼稚園生の孫が一人だけ参加出来るようになった。
リーディング作曲「コンチェルト」を暗譜して、無事演奏が終えられるよう祈念するばかりである。
 

謹賀新年 2014年01月03日(金)

  初薬師法要・初法話会ー

明けましたおめでとう御座います。

正月三が日も快晴に恵まれ、静かな正月をお送りの事と思います。

来週から8日の初薬師法要出仕の為奈良大本山薬師寺へ出掛けます。昨年近鉄株を進め
られ購入した為、株主優待の無料乗車券、割引宿泊券のお蔭で、前日に名古屋から近鉄
特急を利用して、奈良ホテルに泊まります。

その後、自坊「大給山一心寺」での修正会を主宰し、第40回記念坐禅会・写経会を開
催します。お蔭で会員も40名余りとなり、毎月盛会となっています。

来月は、大成建設札幌支店OB会・倉友会共催の初法話会を依頼され、札幌へ出向きます
。法話も色々依頼されて、求めに応じて務めています。全て無料の法話会も依頼者から歓迎され、薬師寺僧侶として、心の布施を今年も続けます。既に3件の法話の依
頼をお受けしています。

法話のご希望あれば、気軽に声をお掛け下さい。時間調整出来れば、お勤めさせて、頂きます。

今年も、皆様にとって良い年となりますよう、心より祈念致します。
 

修行三昧 2013年12月01日(日)

  ー修行50年・早朝3時起床研鑽ー

建築家としての一級建築士の資格を取り、将来の会社幹部を目指して、20歳代から経営学研究を開始して、爾来、早朝3時起床の生活が始まり、50年となりました。
経営学は、人間学であり悟りの学問であると開眼して、古典・仏典の研究から仏法研究を50年続けています。
会社役員を辞し、本格的に仏道修業に専念して、10年です。京都「妙心寺」で夏季修行・「比叡山延暦寺」で寒修行5年、奈良「大本山薬師寺」で暁天講座・夏季研修他10年を経て、薬師寺で授戒して僧侶となり、以来毎日3時起床・早朝勤行800日余りを終え、1000日を目指して、ひたすら修行の日々を過ごしています。
日々修業を続けていて、現在自覚しているのは、徐々に無心の境地へ至る実感です。あらゆることから解放され、自悠の境地に導かれているようです。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -