無人庵 山椒録



老年手習 2017年10月20日(金)

  ―76歳からの手習い
10月より「76歳からの手習い」として”梵字仏書道”の先生について、梵字悉曇の正式な指導を受けています。
一年間で、梵字悉曇の読み方、梵字字母の書き方、梵字仏の書き方等々の指導を受けます。この半年間に梵字悉曇の独学をした結果、辿り着いた世界に興味深々です。
梵字の臨書だけでなく、梵字の般若心経を写経することを目指して、新たに挑戦しています。
幾つになっても、新世界を拓くのは、楽しいものです。
 

六波羅蜜 2017年09月20日(水)

  ―彼岸の修行
2017,9,20
9月20日盆の入りから26日の盆の明けの1週間は、仏教徒の六波羅蜜の修行の期間です。
以下に、参考までに、六波羅蜜の解説と修行過程を記します。
六波羅蜜

1.
 

仏典研究 2017年08月01日(火)

  ―佐保写経会次回講義
このところ、去年9月から始めた「佐保写経会」(奈良女子大学同窓会)の皆さんから現在実施している「般若心経」勉強会の次回からは、「維摩経〈ゆいまぎょう)」を指導して欲しいと依頼され、その講義の準備として、「維摩経」他「インド仏教史」「大乗仏教」「仏教思想シリーズ」等々の仏典研究に励んでいます。

「維摩経」は聖徳太子が韓国の僧侶を日本に招いて、太子自身が翻訳した日本初の書ですが、今なお興福寺では「維摩会」の行事が1300年続いていますが、その以
外日本では、各派教団の主流の経典とならず、一般にはあまり知られていません。6月NHKテレビ「100分de名著」に取り上げられて、一気に知られるようになりまた。
紀元1、2年頃の初期大乗仏教時代の経典で、内容は、維摩居士(在家仏教の長者)が主人公の物語風のお経ですが、理解するのは、骨の折れるお経です。
皆さんに分かりやすく解説するために、多方面からの仏典・資料を集め、読み進んでいます。
 

九楊書道 2017年07月04日(火)

  ―石川九楊書道展

7月5日から月末まで「書だ!石川九楊展」(於・上野の森美術館)が開催される。

それに合わせて毎日新聞(6月30日付け夕刊)の記事から彼の老いの執念をお知らせ
致します。なお、この執念の記事へのコメントをぜひお寄せ下さい。
かつての、彼の持論は、
”書には、筆を下す「決断」、筆を進める「持続」、そして筆を上げる「断念」が必要だ。特に「断念」こそこれは大事だ。”と語っていた。
72歳の今の、彼の持論を超えた執念は、
”年を取って右手がだめになれば左手で、左手がだめになれば足の指で。それも書の一つの表現だからだ。“と語る。
「断念」が大事と語っていたのに、今は最後の瞬間まで「断念」せず「持続」すると執念を語っている。
しかし、一般の方は、彼の書体は、先ず理解されない。絵画風のアナログ的幾何学模様の書体は書家でさえ、難解である。今後は、「誰もが読める書」を窮めると」語る。

いずれにしても、「書」を死むまで「断念」しなく、死すまで「持続」すると語る彼の「書への執念」から生まれる生涯の「書」に期待するばかりである。
上野の森美術館のホームぺージで「書だ!石川九楊展」検索して、興味のある方は、「書だ!石川九楊展」をご覧になっては如何でしょうか!!!!
 

梵字独学 2017年05月15日(月)

  ―梵字悉曇独学・臨書


梵字はインドから中国に伝えられ、密教から平安時代空海によって、日本に伝えられました。梵字は、基本となる文字は字母51字です。それから派生して切継ぎ悉曇18章が144字となります。
先ずは、梵字字母から臨書します。本の解説だけだは、基本の書き方は、解りませんので、「梵字の書き方」のDVDを購入して、DVDを何度も見て、書き方を学び、臨書を始めました。毛筆書きと朴筆の書きありますが、先ず毛筆書きから臨書しています。
 

薬師寺展 2017年04月04日(火)

  ―第10回一光書法会展
本日は、奈良大本山薬師寺での「第10回一光書法会展」のお知らせをします。
なお、拙僧は、今回で作品出陳は最終回とします。75歳人間卒業宣言をして、全ての対外活動を順次卒業しています。
最終回ですので、ぜひご覧下さい。
   「第10回一光書法会展」
会期;平成29日」4月9日(日)〜4月17日(月)
会場;大本山薬師寺玄奘三蔵院回廊
時間;午前10時〜午後4時
出陳作品;篆書体「般若心経」を畳二枚大の和紙に記してあります。

4月9日から会場にいますが、記念法要・法話会・会食のためお相手出来ないかもしれません。10日〜11日午前中は、会場に待機しています。
作品出陳最終回ですので、ぜひお出掛け下さい。会場にてお待ちしています。
 

皇太子談 2017年03月01日(水)

  ―歴代天皇写経感動

2月23日57歳誕生日の皇太子さまの会見記事の前文を読み、去年8月7日地元愛知県西尾市の署名な「岩瀬文庫(重要文化財で古文書他貴重な資料本10万冊余蔵書)」を訪れた記事を興味深く拝見して感激しました。
「岩瀬文庫では、戦国時代の1540年(天文9年)に平安時代の嵯峨天皇以来の伝統に習い、国家の平安を祈念し、諸国の一宮に奉納した「後奈良天皇の宸翰般若心経写経」をご覧になり天皇のありように心動かされた。
次の日、8日には天皇譲位の声明があり、今は一入天皇の在り様に思いを致したとその誕生会見に述べられていた。」
「歴代天皇は、平安時代・「嵯峨天皇、鎌倉時代・後嵯峨天皇、伏見天皇、南北朝時代・北朝の後光厳天皇、室町時代・後花園天皇、後土御門天皇、後柏原天皇と後奈良天皇が挙げられる」と会見で述べられていた。
早速、自坊に近い「岩瀬文庫」に行き、皇太子さまの見た「後奈良天皇の宸翰般若心経写経」のレプリカを見た。学芸員にも有って、当時の様子も聞いた。
地元新聞の記者にも伝え、24日付け「三河新報」にも取り上げられ、地元西尾市の皆さんへも宣教した。
 

山猿合戦 2017年02月08日(水)

  ―落語“これでいいのか?”

本日は、玄行落語「山猿合戦」のお粗末な一席です。

「山猿合戦」
 ”最近ある山のボス猿が、ギャングボス猿に交代した。ギャングボス猿は、早速法外なお触れを連発し始めた。ある小山のボスには、縄張りを認める代わりに大枚な所場代を要求して来た。
 小心な小山のボス猿は、ギャングボス猿の言いなりに、その子分の一人が、小山にやって来るや、表敬訪問にもかかわらず自分の子分を数人侍らせて、一時間以上も持て成した。
 その上、ギャングボス猿に呼びつけられるや、小山のボス猿は、小金持ちの配下の猿を、ホテルでひそひそと話しをして、土産としてそのギャングボス猿の山の猿達の雇用(70万匹雇用)を強制した。また借金まみれの親猿からは金を無心(50兆円)して、土産を持って出掛けるという。
 それを伝え聞いたギャングボス猿は、その土産話にご満悦で、土産の飴玉代わりに我が家に招き、球遊びをすると伝えた。小山のボス猿は、有頂天という!
 しかし、小山の猿たちは、小心ものの銅鑼息子である小山のボスの土下座外交に、なにも反論していない。”

”これでいいのか?!!!”
 

謹賀新年 2017年01月01日(日)

  ―仙国T師―双鶴画賛

 平成29年(丁酉)・西暦2017年・佛誕2582年・皇紀2677年
     明けましておめでとうございます。
「新年箴言」
   ”鶴ハ千年”
      ”龜ハ萬年”
         ”我れハ天年”
                仙崖禅師ー双鶴画賛
本年も宜しくお願い致します。
 

晋山式記 2016年11月23日(水)

  ―村上太胤管主就任式

 11月20日(日)に大本山薬師寺にて「晋山式」は、山田法胤前管主から村上新管主就任の儀式として、3000人余の全国からの信徒の参加者が出席されて、厳かに挙行されました。拙僧も薬師寺僧侶として正装の九条袈裟を着用して、祭壇に列席し法要を務めました。
 「晋山式」でのお祝いの慶賛文は、法隆寺管長大野玄妙師、祝儀は、秋川雅史テノール歌手、祝辞は、花山院弘匡春日大社宮司・高市早苗商務大臣他知事・市長・平岩弓枝作家、文化勲章受章者、祝電は、安倍総理大臣他多くの方々から拝受しました。三時間余りの式も無事終了しました。
 午後からは、南都七大寺管長他の法話・東儀雅楽演奏・上原まり平家琵琶演奏があり、全ての行事も含め、多くの皆さんのご支援、ご協力を得て、「晋山式」関連行事も盛大な内に終了しました。
 拙僧も薬師寺僧侶として「晋山式」に出仕させて頂き、感無量でした。
 今後も、微力ながら”無償の「こころの布施」”を、務めて参ります。
 引き続き、皆さんのご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -